賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

賃貸物件の水周りの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を選ぶ際の基準として、水周りがどのような形状および配置になっているか確認すると思います。その中でもバスとトイレが一緒の場所にあるかどうかを確認しますよね。つまり、ユニットバスかどうかということです。物件のアピールポイントには必ず記載されているといっていいほどのポイントです。バスとトイレは誰しもが毎日必ず使用します。ユニットバスの場合はカーテンで仕切ってあるとしても水はトイレのほうに飛びますし、湿気でトイレの便座すら濡れてしまいます。カビも生えやすいため、こまめに清掃する必要があります。

また、入居後の水周りの注意点としては、新築と違い、中古賃貸物件は経過年数の影響で建物が劣化していると考えられます。例えばキッチン下やトイレの水漏れがないか定期的に確認する必要があります。水道管等、見えない部分でのトラブルも出てきやすく、使ってもいないのに水道代が高額になっていたりすることもありえます。

このように水周りは生活をしていくうえで必要不可欠な部分です。快適な生活のため、いついかなるトラブルが起きたとしても柔軟に対処できるよう備えておかなければなりません。異変に気づいたら、管轄の水道局や不動産屋への迅速な連絡が必要ですので意識しておくようにしましょう。

関連リンク

Copyright (C)2016賃貸物件の水周りの注意点.All rights reserved.